いらっしゃいませ 金正恩最高司令官3月・共和国3月・朝鮮半島核問題3月-の動き、対日(5/4)・対米(5/4)・核問題(3/1)-論調、閑話休題(3/23)朝鮮の統一(5/3)
閑話休題 資料室 写真室 ホームページ案内 自己紹介 リンク集
最新報道
(ブログ)
金日成主席
金正日総書記
金正恩第1書記
著作集
 
特集・連載
記事と論評
白頭山
偉人たちの
不滅の業績
 
 
朝 鮮
最高人民会議
 
朝鮮行政府の動き・声明・論評
朝鮮半島の軍事情勢・朝鮮の主張
歴史認識
時局評論
「慰安婦」問題
安倍(第3次)政権と朝鮮の主張
トランプ政権に
対する論調
最高司令官
共和国・核問題の動き
朝鮮半島の核問題
6者会談・ミサイル問題・核実験・論評
 朝鮮の宇宙開発
 
朝鮮の対外活動
朝鮮の共同開発
朝鮮の統一問題
日朝会談と接触
朝米会談と接触
国際関係
 国家的テロ
 



戦後体制の原点


 その1 吉田茂首相、第9条について本会議での説明

 「戦争放棄に関する本案の規定は、直接には自衛権を否定はしておりませぬが、第9条第2項において、一切の軍備と国の交戦権を認めない結果、自衛権の発動としての戦争も、また交戦権も放棄したのであります」1946年6月26日、第90回帝国議会(明治憲法下)の衆議院本会議での説明。


 その2 交戦権に関する首相の見解

 吉田首相は「国家正当防衛権による戦争を認めることが有害であると思う」とし、交戦権を否定。

 「今日までの戦争は、多くは自衛権の名によって戦争を始められたということが、過去における事実であります。自衛権による交戦権、侵略を目的とする交戦権、この2つを分けることが、多くの場合において、戦争を誘起するものであるがゆえに、かく分けることが有害なりと、申したつもりであります。」1946年7月4日 委員会答弁。


 その3 「あたらしい憲法のはなし」

 「今度の憲法では、日本の国が、決して二度と戦争をしないように、2つのことを決めました。その1つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、一切持たないということです。これから先、日本は、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。『放棄』とは『捨ててしまう』ということです。しかし皆さんは、決して心細く思うことはありません。日本は正しいことを、ほかの国より先に行なったのです。世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。」昭和22年8月2日、翻刻発行、文部省「あたらしい憲法のはなし」18~19ページ。


  『金日成主席革命活動史』
偉大な領袖金日成同志は永遠に我々とともにおられる
 
『金正日総書記革命活動史』
偉大な指導者金正日同志は永遠に我々とともにおられる

 主席・総書記・委員長の著作
   社会主義は科学である 差しかえ
   里党書記の任務について
   新年の辞

 金正恩委員長の革命活動 
 <金正恩委員長の年間動静報道>
   新型ロケットエンジンの燃焼実験を視察
   金正恩委員長が弾道ミサイル発射訓練を指導
   中長距離弾道ミサイル「北極星2」型の試射成功
   
 ブログ「自主、平和、親善」を参照してください  
 
 「人権問題」に関する朝鮮の主張
   拉致女性従業員の送還支援を要求
   「人権決議案」採択で国連に公開質問状
   「人権決議案」採択で国連駐在朝鮮常任代表部が広報
   国際人権機関は公民拉致の南当局を審判すべきだ
   国連の「人権決議案」採択を非難
 
朝鮮労働党
   今年末に万里馬先駆者大会
   朝鮮農業勤労者同盟第8回大会
   200日戦闘が勝利で締めくくられた

重要ニュース・主張・論評
   飛躍と奇跡創造した並進路線貫徹の4年間
   日本のミサイル対応策は被害妄想
   日本のスパイ衛星打ち上げを非難
   米議員の最高尊厳冒涜は宣戦布告も同然
   トランプ政府の対朝鮮政策は「戦略的忍耐」と大差ない
   米政府の先制攻撃案除外は欺瞞
   米国務長官の軍事的対応発言を糾弾
   米の対朝鮮敵視政策は破滅を免れない
   「テロ支援国家」再指定なら過酷な代価
   破綻した対北政策合理化する統一部を葬るべきだ
   永遠なるチュチェの太陽-金日成主席の生誕105周年に寄せて
   米国務長官の南朝鮮冷遇は当然
   THAAD早期配備強行を非難
   少女像撤去要求で卑屈に振る舞う南朝鮮当局
   米・南朝鮮合同軍事演習を糾弾
   3.1人民蜂起98周年記念共同合意文
   米国と敵対勢力の金融制裁は窮余の策
   核兵器禁止条約交渉に参加しない
   国連は「制裁決議」法律フォーラム開催を
   朴槿恵大統罷免、逮捕
   マレーシアで朝鮮公民死亡 遺体送還などで合意
   
 

ウェブを検索 サイト内を検索
南朝鮮哨戒艦「天安」沈没事件 大韓航空機行方不明事件 朝鮮の宇宙開発 朝鮮の切手
光明星節 金正日総書記、逝去 『金日成主席革命活動史』  延坪島砲撃戦  米国・南朝鮮に超強硬措置
 朝鮮戦争

copyright2005 Yoshio Kobayashi All RightsReserved
Since2005/04/15 太陽節を記念して


inserted by FC2 system